デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組みづくりに向けて開催報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2016年7月8日(金)慶應義塾大学矢上キャンパス14棟を会場として、

「デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組みづくりに向けて」が開催されました。

当日は設計に関わる研究・教育者の方々、実務者の方々

多方面から約80名の方にご参加頂き、

タイムアクシスデザインの意義や可能性について活発な議論が行われました。

ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。

なお、当日記事がデザイン塾HP活動ページにも更新されておりますので、

そちらも併せて是非ご覧くださいませ。

デザイン塾活動ページ

広告

デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組み作りに向けて

デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組み作りに向けて 開催のお知らせ第二段

下記パンフレットの内容で7月8日(金)デザイン塾を開催致します。

参加登録に関しましてはhttp://designjuku.jp/post-mail/にてお願い致します。

デザイン塾パンフレット_01

『デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組み』 開催のお知らせ

平成28年7月8日(金) 13:00~

慶應義塾大学矢上キャンパスにて『デザイン塾:タイムアクシスデザインの枠組み』を開催致します。

以下詳細になります。

日時:平成28年7月8日(金) 13:00~18:00

会場:慶應義塾大学矢上キャンパス (第一部:創想館(14棟)201教室 第二部:創想館(14棟)7階フォーラム)

参加費:第一部:無料 第二部:1000円(一般), 無料(学生)

登録7月3日(月)までにmatsuokalab.m@gmail.comまでご連絡ください。

プログラム等詳細が決まりましたらまたご報告いたします。

デザイン塾:マツダが挑む!タイムアクシスデザインの創験を開催しました。

平成28年1月11日(月)、マツダR&Dセンター横浜を会場として、日本デザイン学会 デザイン 理論・方法論研究部会(DTM)の2015年度活動:「デザイン塾:マツダが挑む!タイムアクシスデザインの創験」が開催されました。本活動は、DTM、日本設計工学会 研究調査分科会、日本機械学会 デザイン科学研究会の共催により行われました。本塾は、「マツダのクルマづくり」(第1部)、「未来モビリティ創生プロジェクト」(第2部)、および「マツダR&Dセンター横浜見学会&懇親会」(第3部)の3部構成で開催されました。

高見明秀氏による講演の様子
高見明秀氏による講演の様子
会場全体の様子
会場全体の様子

dj00112