最新刊のお知らせ

00050001 (1)

松岡由幸監修、最新刊
『デザイン科学概論 多空間デザインモデルの理論と実践』が3月20日に発売されました!

~本書「はじめに」より~
20世紀までの学問体系が縦割りであったことへの批判として、現在、横断型科学の必要性が強く問われています。デザイン(設計)という行為そのものを研究対象とするデザイン科学は、その代表的な学問領域です。本書は、現状でまだ入門書的な概要を記した書籍がないことから刊行された、デザイン科学における初めての教科書的出版物です。デザイン科学の枠組みとその代表的な理論である「多空間デザインモデル」に注目し、その理論をデザイン(設計)の実践に応用した事例を多く紹介することにより、実務に応用しやすいようにわかりやすく解説しました。

題名:『デザイン科学概論 多空間デザインモデルの理論と実践』
監修:松岡由幸
編著:加藤健郎,佐藤弘喜,佐藤浩一郎
出版社:慶應義塾大学出版会
発売日:2018/03/20

 

以下リンクアマゾンでも購入できますので是非、ご覧ください。

デザイン科学概論amazonリンク

広告

新聞掲載情報

IMG-1013

先日発売されました、松岡由幸先生著書『モノづくり×モノづかいのデザインサイエンス -経営戦略に新価値をもたらす10の知恵』の書評を1月26日発刊第21面、話題の本のコーナーに載せて頂きました。是非ご覧ください。

最新刊のお知らせ

【松岡由幸先生 最新刊のお知らせ】

25552033_910217542490004_8922191502044387357_n

松岡由幸先生著書、最新刊
『モノづくり×モノづかいのデザインサイエンス ー経営戦略に新価値をもたらす10の知恵』が12月27日に発売となります。

~本書「はじめに」より~
近年、急速に発展してきた、「デザインサイエンス」に注目しする。ここでいう「デザイン」とは経営戦略、商品企画、技術開発を含むモノづくりとモノづかいを指す。本書では、この「デザインサイエンス」がもたらす未来創造の10の知恵を紹介する。

題名:『モノづくり×モノづかいのデザインサイエンス ー経営戦略に新価値をもたらす10の知恵』
著者:松岡由幸
出版社:近代科学社
発売日:2017/12/27
※日本語・英語バイリンガルブックとなっております。

以下リンクアマゾンでも購入できますので
是非、ご覧ください。

 

amazon 購入ページ

書籍『プラスチックの逆襲』刊行のお知らせ

プラスチックの逆襲

デザイン塾監修、書籍『プラスチックの逆襲』が7月初旬刊行されました。

天然素材では表現できないプラスチック独自の固有の魅力などについて、

デザイン論の観点から論考し、さらに、プラスチック製造メーカーにおける

逆襲の実例も紹介する。改めてプラスチックの魅力や課題を探る1冊です。

全国の書店、インターネットで是非お買い求めください。

amazon プラスチックの逆襲

デザイン塾 開催報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2017年7月21日(金)、慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎を会場として、

「デザイン塾:プラスチックの逆襲-プラスチック独自の美とは何か-」が開催されました。

「講演会」(第1部)

「書籍『プラスチックの逆襲』各著者によるライトニングトーク」(第2部)

の2部構成で開催され、設計に関わる研究・教育者の方々、実務者の方々、学生含めて

約100名、たくさんの方々にお集まり頂きました。

その後、デザイン塾・監修書籍『プラスチックの逆襲』出版記念パーティも開催され、

プラスチックの意義や可能性について活発な議論が行われ、盛況のうちに終了致しました。

 

 

 

『デザイン塾:プラスチックの逆襲 -プラスチック独自の美とは何か-』 開催のお知らせ

デザイン塾パンフレット 2017

7月21日(金) 慶應義塾大学日吉キャンパスにて

『デザイン塾:プラスチックの逆襲 -プラスチック独自の美とは何か-』 を開催致します。

今回のデザイン塾は7月に刊行されるデザイン塾監修、松岡由幸先生編著『プラスチックの逆襲』の出版記念パーティも兼ねており、この度の出版に関わって下さった著者の皆様、関連企業の皆様、学校関係者の皆様にご参加頂き、本書の内容(プラスチックの魅力や独自の美)に関する講演会を行います。

皆様、是非ご参加ください。

なお、参加登録に関しましては、以下サイトよりお願い申し上げます。

デザイン塾参加登録申し込みサイト